戦後沖縄と米軍基地

平良好利 著

沖縄と日米両国の指導者らは基地とどう向き合ってきたか。膨大な一次資料とインタビュー記録などを用いて、政治・軍事・経済などが複雑に絡み合う「沖縄基地問題」の歴史的起源とその展開を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 基地をめぐる政治史
  • 第1章 沖縄米軍基地の形成
  • 第2章 経済復興と沖縄の分離
  • 第3章 軍用地問題の発生
  • 第4章 島ぐるみ闘争と日米交渉
  • 第5章 土地使用の安定化と基地の拡大
  • 第6章 沖縄返還と基地のありかた
  • 第7章 「基地反対」から「基地撤去」へ
  • 第8章 軍用地の提供と基地の整理縮小
  • 終章 沖縄基地問題の構図

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後沖縄と米軍基地
著作者等 平良 好利
書名ヨミ センゴ オキナワ ト ベイグン キチ : ジュヨウ ト キョゼツ ノ ハザマ デ : センキュウヒャクヨンジュウゴ センキュウヒャクナナジュウニネン
書名別名 Postwar Okinawa and U.S.Military Bases,1945-1972

Postwar Okinawa and U.S.Military Bases,1945-1972 : 「受容」と「拒絶」のはざまで : 1945~1972年

Sengo okinawa to beigun kichi
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2012.10
ページ数 420p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-588-32129-0
NCID BB10559397
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22173581
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想