パウル・クレー造形の宇宙 = Ein Universum des Gestaltens-Paul Klee

前田富士男 著

パウル・クレーは、抽象的フォルムと現実のイメージにまたがる領域を自由自在に横断し、すべての近代画家の追随を許さない豊かで不可思議な作品群を生みだした。光と物質、形態と記号、あるいは生命的運動と幾何学的思考など、そもそも矛盾しかない造形がなぜ可能になったのか、また、繊細かつ魅力あふれる色彩絵画は、いったい造形理論とどのように関連するのか-ゲーテ、オストヴァルト、アルプ、ヘルツェルを参照し、クレー芸術の核心に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 形態(クレーにおける「分節」概念の成立
  • 「自然研究の道」-画家クレーにおけるゲーテ
  • エネルゲイアとしての造形-ゲーテの植物学と二十世紀美術
  • 結晶としての造形-クレーとモデルネ
  • コンステレーションとしての造形-一九三〇年のクレーとアルブ)
  • 2 色彩(クレーにおけるオーバーラップ-もうひとつの制作論とガラス絵
  • クレーと色彩論
  • クレーとオストヴァルト
  • 色彩論のイデオロギー-オストヴァルトと一九一〇年代の芸術と制度
  • 絵画の導きとしてのエネルギー-クレーとゲーテ・再考)
  • 3 セミオーシス(眼-クレーにおける記号と形態
  • 「美しい石切り場」-階層のありか
  • アトリエの不在者-力のトポロジーとしての「部屋」
  • 語り手としての画家、そして語り手たち-クレーとリルゲとハウゼンシュタイン
  • クレーとベックマンにおける神話的ノーテーション-墜落/飛行する男性/女性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パウル・クレー造形の宇宙 = Ein Universum des Gestaltens-Paul Klee
著作者等 前田 富士男
書名ヨミ パウル クレー ゾウケイ ノ ウチュウ
書名別名 Ein Universum des Gestaltens-Paul Klee

Pauru kure zokei no uchu
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2012.10
ページ数 444,48p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-1944-3
NCID BB10556300
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22164045
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想