コーポレートガバナンス入門

栗原脩 著

国際比較の視点からコーポレートガバナンスを考える。企業の推進力と自主努力を生かす枠組みの構築。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに:コーポレートガバナンスの意義
  • 海外編(ドイツのコーポレートガバナンス
  • フランスのコーポレートガバナンス
  • イギリスのコーポレートガバナンス
  • アメリカのコーポレートガバナンス
  • 独立取締役の役割と取締役会議長・CEOの分離問題)
  • 国内編(株式会社の機関
  • 会社法制部会の中間試案と主要論点の考え方
  • 銀行のコーポレートガバナンス
  • ガバナンス機構見直しの視点
  • 会社法制の見直しに関する要綱)
  • 今後のコーポレートガバナンスへの着眼点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コーポレートガバナンス入門
著作者等 栗原 脩
書名ヨミ コーポレート ガバナンス ニュウモン
シリーズ名 KINZAIバリュー叢書
出版元 金融財政事情研究会 : きんざい
刊行年月 2012.10
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-322-12164-3
NCID BB10547591
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22161714
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想