魂について

イブン・シーナー 著 ; 木下雄介 訳

[目次]

  • 第1部(全五章)(魂の確立と魂であるかぎりにおける魂の定義
  • 古人たちが魂と魂の実体について述べたことの記述とその論破 ほか)
  • 第2部 (全五章)(植物的魂に関係のある諸能力の確認
  • 我々にそなわる各種の知覚作用の確認 ほか)
  • 第3部 視覚(全八章)(光、透明体、色彩
  • 明るみは物体ではなく物体に生じる質であること、また明るみと光線にかんする諸説と疑問 ほか)
  • 第4部 内部感覚(全四章)(動物にそなわる内部感覚の概説
  • これれの内部感覚に属する形相化能力と思考能力の諸作用、および眠りと覚醒、正夢と逆夢、ある種の預言者的諸特性の議論 ほか)
  • 第5章 (全八章)(人間にそなわる能動作用と受動作用の諸特性、および人間的魂にそなわる思弁と実践の諸能力の説明
  • 理性的魂が物質的素材に押印されずに存立することの確立 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魂について
著作者等 Avicenna
Ibn Sīnā
木下 雄介
シーナー イブン
書名ヨミ タマシイ ニ ツイテ : チユ ノ ショ シゼンガク ダイロッペン
書名別名 治癒の書自然学第六篇
出版元 知泉書館
刊行年月 2012.10
ページ数 323,29p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86285-141-3
NCID BB10529931
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22164020
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 アラビア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想