社会学原論

宮島喬 著

社会学とは何か。その存在理由は何か。百花繚乱の社会学理論の紹介ではなく、「近代」とは何かを問い、行為‐関係‐構造の関連を動的にとらえ、そこでの行為者の差異と多様性が社会と文化をどのように活性化し、他面で不平等を生産・再生産しているかを追究する。社会的現実と対話しつつ理論を検討してきた著者がその成果を一冊に凝縮した書き下ろし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 社会学とは何か
  • 1章 社会学的思考の展開-歴史的コンテクストから
  • 2章 社会的行為者
  • 3章 社会場面での理解、行為、相互行為
  • 4章 社会関係と集団形成
  • 5章 家族、都市、官僚制-集団の動態と構造化
  • 6章 社会的不平等と階級、階層
  • 7章 文化と社会-象徴的生産・再生産
  • 8章 ジェンダーと社会
  • 9章 エスニシティ
  • 10章 グローバル化と世界社会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会学原論
著作者等 宮島 喬
書名ヨミ シャカイガク ゲンロン
書名別名 Shakaigaku genron
シリーズ名 岩波テキストブックス
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.10
ページ数 226p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-028909-2
NCID BB10528473
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22171446
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想