ドイツ帝国の成立と東アジア : 遅れてきたプロイセンによる「開国」

鈴木楠緒子 著

ドイツ統一国家の形成過程を、「ウェスタン・インパクト」(西洋の衝撃)ならぬ「イースタン・インパクト」に注目し、「開国」期の東アジアとドイツとの関係史を手がかりに再考する。ドイツ連邦内での勢力争いや、ヨーロッパ大陸内の国際政治史からの検討といった従来の研究の枠を越え、よりグローバルな視角から捉え直すことを目的とする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ドイツ国民国家形成と「開国」期の東アジアとの関係
  • 第1部 ドイツ自由主義と東アジアの「開国」(一八四〇年代ドイツ自由主義二大新聞の中国論-アヘン戦争をめぐって
  • 一八五〇年代ドイツ自由主義陣営の東アジア情勢論-ミュンヘンのオリエンタリスト、ノイマンの論説
  • オイレンブルク使節団とプロイセン自由主義者-小ドイツ主義的統一国家建設との関連で
  • ドイツ帝国の創建と在華ドイツ人管理・管轄問題-朝鮮南延君陵墓盗掘事件への対応)
  • 第2部 オイレンブルク使節団の東アジア体験(オイレンブルク使節団の中国論-条約締結交渉の経験
  • 一九世紀中葉ドイツにおける日本旅行記の生成と受容-オイレンブルク使節団の旅行記の役割
  • 一九世紀第三四半期における日独相互イメージの形成-オイレンブルク使節団と遣欧使節団の経験
  • 近代ドイツにおける顕彰文化と「国際交流」の記憶-ケンペルの事例が語るもの)
  • 新しいドイツ近代史像の構築-「イースタン・インパクト」への注目から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツ帝国の成立と東アジア : 遅れてきたプロイセンによる「開国」
著作者等 鈴木 楠緒子
書名ヨミ ドイツ テイコク ノ セイリツ ト ヒガシアジア : オクレテ キタ プロイセン ニ ヨル カイコク
書名別名 Doitsu teikoku no seiritsu to higashiajia
シリーズ名 MINERVA西洋史ライブラリー 95
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2012.10
ページ数 241,39p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-06393-2
NCID BB10527492
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22163623
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想