動乱のインテリジェンス

佐藤優, 手嶋龍一 著

著者の預言どおり、世界はにわかに動乱の季節を迎えた。日本周辺海域の波はことさら高い。「北」のミサイル、空母を持った中国、混迷の中東、通貨危機とTPP、そして黄昏れゆく日米同盟-。報道レベルを数段超えたインテリジェンスで「今そこにある危機」を分析しつつ、縮みゆく日本を毅然として回復させる道筋を示す黙示録的一冊。日本最強の外交的知性がぶつかり合った、高カロリー対談。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本の周縁で噴出するマグマ(新・海国兵談
  • 竹島をめぐる「日韓密約」疑惑 ほか)
  • 第2章 中国、そのモラルなきインテリジェンス(英国"ビジネスマン"の怪死
  • 赤い貴公子たち ほか)
  • 第3章 イランの鏡に映る日本外交(会見写真から消えた男
  • 二元外交の様々な顔 ほか)
  • 第4章 イランの核、北朝鮮の核(核開発、それぞれの狙い
  • 北朝鮮・イランの密やかな絆 ほか)
  • 第5章 アジア半球の新たな勢力地図(「トモダチ」がやってきた
  • 海兵隊は大型ヘリに乗って ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動乱のインテリジェンス
著作者等 佐藤 優
手嶋 竜一
手嶋 龍一
書名ヨミ ドウラン ノ インテリジェンス
シリーズ名 新潮新書 493
出版元 新潮社
刊行年月 2012.11
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610493-0
NCID BB10525657
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22169372
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想