金融商品取引法の諸問題

十市崇 編 ; 黒田康之, 戸塚貴晴, 額田雄一郎, 青柳良則 編著

金融商品取引法を、(1)キャピタル・マーケッツ関連、(2)金融規制法関連、(3)資産運用・流動化関連、および(4)M&A・コーポレート関連の四つの分野に分け、各分野に精通する法律実務家である執筆陣が、各分野において実務上、重要と思われる事項について、検討・分析を行った。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 キャピタル・マーケッツ関連(ライツ・オファリング
  • 英文開示制度-制度の概要と今後の展望)
  • 第2章 金融規制法関連(空売り規制に関連する実務上の諸課題について-公募増資に関連する空売り規制を中心に
  • 証券会社等における情報共有規制)
  • 第3章 資産運用・流動化関連(平成23年金商法改正による投資運用ビジネスに与える影響
  • 平成23年資産流動化法改正と流動化実務への影響)
  • 第4章 M&A・コーポレート関連(公開買付代理人の法務
  • 村上ファンド事件・最高裁決定および下級審判決に関する分析)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金融商品取引法の諸問題
著作者等 十市 崇
戸塚 貴晴
額田 雄一郎
黒田 康之
青柳 良則
書名ヨミ キンユウ ショウヒン トリヒキホウ ノ ショモンダイ
シリーズ名 金融商品取引法
出版元 商事法務
刊行年月 2012.10
ページ数 340p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7857-2012-4
NCID BB10523888
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22166181
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想