エクソフォニー : 母語の外へ出る旅

多和田葉子 著

エクソフォニーとは、母語の外に出た状態一般をさす言葉である。長年にわたってドイツ語と日本語で創作活動を続けてきた著者にとって、言語の越境とはまさに文学の本質的主題に他ならない。越境で何が見えてくるか。それは自らの文学をどう規定してきたのか。自己の立脚点を試掘するかのような鋭敏なエッセーが、言葉の煌めきを映し、文学のありようを再定義する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 母語の外へ出る旅(ダカール-エクソフォニーは常識
  • ベルリン-植民地の呪縛
  • ロサンジェルス-言語のあいだの詩的な峡谷
  • パリ-一つの言語は一つの言語ではない ほか)
  • 第2部 実践編ドイツ語の冒険(空間の世話をする人
  • ただのちっぽけな言葉
  • 嘘つきの言葉
  • 単語の中に隠された手足や内臓の話
  • 月の誤訳
  • 引く話
  • 言葉を綴る
  • からだからだ
  • 衣装
  • 感じる意味)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エクソフォニー : 母語の外へ出る旅
著作者等 多和田 葉子
書名ヨミ エクソフォニー : ボゴ ノ ソト エ デル タビ
書名別名 Ekusofoni
シリーズ名 文芸 211
岩波現代文庫 211
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.10
ページ数 218,2p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-602211-2
NCID BB10487026
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22171739
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想