格差社会 = UNEQUAL SOCIETY

橘木俊詔 編著

「格差社会」という言葉が使われるようになってから十数年が経過し、国民の主要な関心事の一つとなっている。そして政策面においてもこれを是正するために改革が実施されたが、どれだけ有効性を持っているのだろうか。本書では、気鋭の執筆陣が実証データをもとに「格差」に関して様々な角度からアプローチし、現状と課題をあぶりだし、今後取るべき対策を論じる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 格差をどう考えるか
  • 第1章 地域間格差-地域住民の生活意識と地域移動
  • 第2章 隠れる女性の見えない貧困-ワーキングプアと福祉施設で暮らす女性たち
  • 第3章 子どもの格差-生まれた時から背負う不利
  • 第4章 働き方による格差-パートタイム労働を中心に
  • 第5章 外国人対日本人-欠員補充型受入れと格差・貧困
  • 第6章 障害者と格差社会-複合差別と排除
  • 第7章 若年者の格差-就職環境の変化と政策的対応
  • 第8章 高齢期における所得格差と貧困-脆弱なセーフティネットと勤労所得への依存

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 格差社会 = UNEQUAL SOCIETY
著作者等 橘木 俊詔
書名ヨミ カクサ シャカイ
書名別名 UNEQUAL SOCIETY
シリーズ名 福祉+α / 橘木俊詔, 宮本太郎 監修 1
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2012.10
ページ数 171,3p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-623-06374-1
NCID BB10484607
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22163600
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想