フランス革命の志士たち : 革命家とは何者か

安達正勝 著

混迷の時代に現れる革命家。彼らの語った壮大な理想とその言葉、その生き様はいまもわれわれを惹きつけてやまない。近代を切り開いたフランス革命にも、多くの革命家が現れては散っていった。彼らは何を夢見、何を求め、何を成し遂げたのか。真に変革をもたらす者とそうでない者はどこがちがうのか。そもそも人はどのようにして革命家になるのか。志を抱えつつも、時に転び、時代に追い越され、時に皮肉な結末を迎えてしまったフランス革命の志士たち。彼らの肖像を通して、変革の時代をいかに生きるかを考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 革命家はいかにして誕生するか
  • 第1章 夢見る革命家-ラ・ファイエット、シエイエス1、ミラボー
  • 間奏曲 ジロンド派の人々-リベラルな教養人グループ
  • 第2章 理想を追い求めた男たち-ダントン、マラー、ロベスピエール
  • 間奏曲 テルミドール派の人々-世を渡る日和見という生き方
  • 第3章 革命を終息させた男たち-シエイエス2、ナポレオン
  • 終章 革命家とは何者か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランス革命の志士たち : 革命家とは何者か
著作者等 安達 正勝
書名ヨミ フランス カクメイ ノ シシタチ : カクメイカ トワ ナニモノカ
書名別名 Furansu kakumei no shishitachi
シリーズ名 筑摩選書 0051
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.10
ページ数 285p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-480-01554-9
NCID BB10468258
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22173916
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想