杜甫

川合康三 著

李白と並び称される唐代の詩人・杜甫(七一二〜七七〇)。名門の家に生まれたが、苦労してなった官僚の職をわずか四年で辞め、貧困のなかで放浪生活を送った杜甫は、社会や現実を凝視して、苦難を乗り越える意志を力強くうたう詩をのこした。その悲惨な生涯をたどりながら、世界との抗いを生々しく描いた代表作を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 諸国を漫遊する
  • 第2章 官をめざして
  • 第3章 漂泊の旅暮らし-成都まで
  • 第4章 成都にて
  • 第5章 再び漂泊の旅へ-長江を下る
  • 終章 評価の変遷と文学の特色

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 杜甫
著作者等 川合 康三
書名ヨミ ト ホ
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1392
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.10
ページ数 250p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431392-2
NCID BB10465974
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22172546
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想