脳からみた認知症 : 不安を取り除き、介護の負担を軽くする

伊古田俊夫 著

ある日突然、ネクタイが結べなくなる。妻の顔がわからなくなる。そのとき脳で、何が起こっているのか?5歳刻みで発症率が倍増する。予防のカギは、40代からの生活習慣が握っている-。専門医が語る「認知症のすべて」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 そのとき、脳はどうなっているのか?
  • 第2章 認知症とはどういう病気か
  • 第3章 忘れる記憶、忘れない記憶
  • 第4章 乱れる本能、曇る理性、変容する気分
  • 第5章 「私」とは何者か?見当識障害と脳機能
  • 第6章 幻覚や妄想、徘徊や興奮はなぜ起きるか?
  • 第7章 軽度認知症を見逃すな!-年間一〇%の軽症者が重症化していく
  • 第8章 患者の日常と向き合う-治療とリハビリテーション、日々の暮らし
  • 第9章 認知症の人とともに暮らす時代-「認知症サポート医」になって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳からみた認知症 : 不安を取り除き、介護の負担を軽くする
著作者等 伊古田 俊夫
書名ヨミ ノウ カラ ミタ ニンチショウ : フアン オ トリノゾキ カイゴ ノ フタン オ カルク スル
シリーズ名 ブルーバックス B-1790
出版元 講談社
刊行年月 2012.10
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257790-8
NCID BB10459905
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22163289
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想