複素数とはなにか : 虚数の誕生からオイラーの公式まで

示野信一 著

人類がなにかを数えた時、「数」が誕生した。そして、足し算、引き算、掛け算、割り算と計算が広がるとともに、自然数、整数、有理数、無理数と、「数」も広がってきた。さらに3次方程式を解くために考え出された数が、自乗するとマイナスになる想像上の数「虚数」であり、究極の数「複素数」だ。では、なぜ複素数は究極の数なのか?それは、「この先どんな計算や方程式が出てきても、これ以上、数を増やす必要がない」ということをガウスが証明したからだった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 数の広がり
  • 第2章 複素数の四則演算
  • 第3章 複素数の幾何学
  • 第4章 複素数と方程式
  • 第5章 べき乗からオイラーの公式へ
  • 第6章 複素数の応用

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 複素数とはなにか : 虚数の誕生からオイラーの公式まで
著作者等 示野 信一
書名ヨミ フクソスウ トワ ナニカ : キョスウ ノ タンジョウ カラ オイラー ノ コウシキ マデ
シリーズ名 ブルーバックス B-1788
出版元 講談社
刊行年月 2012.10
ページ数 220p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257788-5
NCID BB10457353
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22163292
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想