東京骨灰紀行

小沢信男 著

アスファルトの下に累々と埋もれる、江戸・東京の骨灰。明暦の大火このかた、震災と大空襲の犠牲者までをまとめてご供養の両国から、小伝馬町の牢屋敷跡、小塚原の仕置場跡、地下鉄サリン事件の築地、お骨の大量入居地、谷中墓地に多磨霊園…。無数の骨灰たちの彼方に、この国の首都の来し方、忘れ去ってきたものが見えてくる。東京の記憶を掘り起こす鎮魂行。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ぶらり両国
  • 新聞旧聞日本橋
  • 千住、幻のちまた
  • つくづく築地
  • ぼちぼち谷中
  • たまには多磨へ
  • しみじみ新宿
  • 両国ご供養

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京骨灰紀行
著作者等 小沢 信男
書名ヨミ トウキョウ コッパイ キコウ
シリーズ名 ちくま文庫 お8-4
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.10
ページ数 305p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42989-6
NCID BB10455278
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22172669
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想