宮本常一とあるいた昭和の日本  20

田村善次郎, 宮本千晴 監修

海のかなたから神を迎える八重山の節祭、亡き子の声を聞く青森川倉の地蔵盆、新盆の家々をまわる田峯盆踊り、三夜踊り明かす新野の盆踊り、巨大な燈篭木が燃える京都北山の松上げ、神懸りする石見大元神楽などなど。神や祖霊を迎え供宴する四季の行事に秘められた思いとは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 昭和五四年(一九七九)一月「あるくみるきく」一四三号 一枚の写真から-旅芸人
  • 昭和五〇年(一九七五)一月「あるくみるきく」九五号 温故正月-巡りくる節の理
  • 昭和三六年(一九六一)一月 宮本常一が撮った写真は語る-愛知県東栄町御園
  • 昭和五一年(一九七六)九月「あるくみるきく」一一五号 盆とその踊り
  • 昭和五六年(一九八一)二月「あるくみるきく」一六八号 北山の松上げ行事-京都=花脊・広河原・雲ケ畑
  • 昭和五八年(一九八三)一一月「あるくみるきく」二〇一号 神楽拝観記-中国地方の神楽
  • 昭和五九年(一九八四)五月「あるくみるきく」二〇七号 花語り-野辺に咲く鮮やかな生命の伝承
  • 祭と芸能拾遺

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮本常一とあるいた昭和の日本
著作者等 宮本 千晴
宮本 常一
田村 善次郎
須藤 功
書名ヨミ ミヤモト ツネイチ ト アルイタ ショウワ ノ ニホン
書名別名 祭と芸能

Miyamoto tsuneichi to aruita showa no nihon
シリーズ名 あるくみるきく双書
巻冊次 20
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 2012.10
ページ数 222p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-540-10220-2
NCID BB1045502X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22146817
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ここのへの春 佐藤健一郎
ツクリモノの語らく 都丸十九一, 須藤功
一枚の写真から 宮本常一, 須藤功
北山の松上げ行事 京都大学近衛ロンド
北山の魅力 米山俊直
宮本常一が撮った写真は語る 須藤功 記
春・花・宴 佐藤健一郎
柱松行事二一選 伊藤俊一 選, 阿南透
正月はイナウのかおり 萱野茂
温故正月
湯郷は祖母の初春 尾川いく子
満つる日に祈りをこめて 須藤功
盆とその踊り 須藤功
神楽師は日々これめでたく 山本源太夫, 須藤功 まとめ
神楽拝観記 岩田勝, 牛尾三千夫, 田地春江, 須藤功
祭と芸能 須藤功
祭と芸能拾遺 須藤功
秩父塚越の花まつり 西山妙, 須藤功
花語り
霜月に響く笛・太鼓 須藤功
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想