小島烏水 : 山の風流使者伝  上

近藤信行 著

小島烏水は近代日本登山のパイオニアであり、同時に明治・大正の文学界においても、雑誌「文庫」を基盤として紀行文学に大きく寄与した。本書はこの明治の巨星にあらたな光をあて、詳細に検証し、小島烏水復興に大きな原動力となった傑作評伝である。大佛次郎賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 横浜山王山
  • 慚恚血を溺せり
  • 滝沢秋暁との出会い
  • 紀行文家としての出発
  • やれだいこ
  • 本州横断の山旅
  • 飛騨山水談
  • 槍ヶ岳への道
  • 「鎗ヶ岳探険記」
  • 山を讃する文
  • 富士山
  • 「甲斐の白峰」をめぐって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小島烏水 : 山の風流使者伝
著作者等 近藤 信行
書名ヨミ コジマ ウスイ : ヤマ ノ フウリュウ シシャデン
シリーズ名 平凡社ライブラリー 774
巻冊次
出版元 平凡社
刊行年月 2012.10
ページ数 338p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-582-76774-2
NCID BB10437662
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22172208
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想