京のわる口

秦恒平 著

はんなり、もっさり、いけず、しょうもない…。響きは柔らかいけれど、「よそさん」には理解が難しくて恐ろしい、京都人の物言い。繊細でありながらしたたか、そんな京の「批評語」には、相手との「位取り」で負けないための京都人の知恵が詰まっている。その精神を、京都で生まれ育った作家が軽妙に説き明かす。増補決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 京のわる口(前口上で「ごめんやす」
  • 「うるさい」の値打ち
  • 「自由が利く」なら
  • 「ほどらい」は「えぇ加減」に
  • 「えぇように…」しぃ・する・される ほか)
  • 京ことば談義(京言葉と女文化
  • 京都言葉、所詮は友情が泣く位取り
  • 京の話術-うそとわる口の文化
  • 京ことばと京根性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 京のわる口
著作者等 秦 恒平
書名ヨミ キョウ ノ ワルクチ
シリーズ名 平凡社ライブラリー 773
出版元 平凡社
刊行年月 2012.10
ページ数 255p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-582-76773-5
NCID BB10437629
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22172206
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想