山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた

山中伸弥 著 ; 緑慎也 聞き手

日本で最もノーベル賞に近い男がはじめて明かした、研究人生のすべて。決して、エリートではなかった。「ジャマナカ」と馬鹿にされ、臨床医をあきらめた挫折からはじまった、僕の研究-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「iPS細胞ができるまで」と「iPS細胞にできること」(走り方が変わった
  • 医師を志す
  • 勝敗より大切なこと
  • 神戸大学医学部へ
  • ジャマナカ ほか)
  • 第2部 インタビュー(飛ぶためにかがむ
  • トップジャーナルのハードル
  • 紙一重でできたiPS細胞
  • 初期化の有無を調べる
  • 「しおり」と「黒いシール」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた
著作者等 山中 伸弥
緑 慎也
書名ヨミ ヤマナカ シンヤ センセイ ニ ジンセイ ト アイピーエス サイボウ ニ ツイテ キイテ ミタ
出版元 講談社
刊行年月 2012.10
ページ数 190p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-218016-0
NCID BB10376105
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22160129
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想