田村俊子全集  第9巻

田村俊子 [著] ; 黒澤亜里子, 長谷川啓 監修

この本の情報

書名 田村俊子全集
著作者等 田村 俊子
長谷川 啓
黒沢 亜里子
書名ヨミ タムラ トシコ ゼンシュウ
書名別名 昭和11年~昭和19年
巻冊次 第9巻
出版元 ゆまに書房
刊行年月 2017.5
ページ数 797p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8433-3790-5
NCID BB10088213
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22899221
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
『新小説』編輯主任に 田村 俊子
『海の夫人』を觀て 田村 俊子
あねの戀 田村 俊子
ある令孃に 田村 俊子
おとづれ 田村 俊子
おわかさんの話 田村 俊子
お使ひの歸つた後 田村 俊子
かくあるべき男 上 田村 俊子
かなしかった日 田村 俊子
しょっぱい味のする泡鳴さんの小説 田村 俊子
その日 田村 俊子
その曉 田村 俊子
ぬるい涙 田村 俊子
やきもち : 喜劇 田村 俊子
ゆく春 田村 俊子
わからない手紙 田村 俊子
上場して見たき脚本三種 田村 俊子
上方役者 田村 俊子
下女いぢめ 田村 俊子
世界のはてからはてを遊んで歩きたい 田村 俊子
乙女寫眞帖 田村 俊子
二百號記念催能 田村 俊子
人浚ひ 田村 俊子
仲好し 田村 俊子
再び新小説編輯主任に 田村 俊子
午前 田村 俊子
同性の戀 田村 俊子
名家の嗜好 田村 俊子
嘲弄 田村 俊子
夏の海は辛辣 田村 俊子
夕霜 田村 俊子
夢のなごり 田村 俊子
大正二年、藝術界の收獲 田村 俊子
子育地藏 田村 俊子
宗之助の靜緒と松蔦の玉の井と 田村 俊子
寒椿 田村 俊子
小萩はら 田村 俊子
平塚さん 田村 俊子
幸子の夫 田村 俊子
悪寒 田村 俊子
憂欝な匂ひ 田村 俊子
我が創作の自己批評 田村 俊子
整二のこゝろ 田村 俊子
斯うして貰ひたい事 田村 俊子
斯くあるべき男 下 田村 俊子
新富座 田村 俊子
田村 俊子
明治座合評 田村 俊子
昔ばなし 田村 俊子
春のわかれ 田村 俊子
昨年の藝術界に於いて 田村 俊子
時雨の朝 田村 俊子
晝の暴虐 田村 俊子
書籍と風景と色と? 田村 俊子
木乃伊の口紅 田村 俊子
本門寺のさくら 田村 俊子
柔順な良人 田村 俊子
歌舞伎座へ行く日 田村 俊子
浮氣 田村 俊子
海坊主 田村 俊子
演劇的の興味 田村 俊子
濁酒 田村 俊子
炮烙の刑 田村 俊子
現劇壇の新女優 田村 俊子
生血 田村 俊子
界を隔てたる人に 田村 俊子
留守宅 田村 俊子
白すみれ 田村 俊子
白晝の思ひ 田村 俊子
秋海棠 田村 俊子
笑ひ顏 田村 俊子
第1巻: 明治36年-明治43年 田村 俊子
第2巻: 明治44年-明治45・大正元年 田村 俊子
第3巻: 大正2年 田村 俊子
第4巻: 大正3年 田村 俊子
紫いろの唇 田村 俊子
緑の朝 田村 俊子
繍ひのどてら 田村 俊子
美佐枝 田村 俊子
田村 俊子
舞踊研究會評 田村 俊子
花日記 田村 俊子
若紫 田村 俊子
葛の下風 田村 俊子
處女時代の心持 田村 俊子
袖頭巾 田村 俊子
親指の剌 田村 俊子
誓言 田村 俊子
讀んだもの二種 田村 俊子
貴公子 田村 俊子
遊女 田村 俊子
鈴木徳子 田村 俊子
離魂 田村 俊子
雪ぞら 田村 俊子
田村 俊子
露分衣 田村 俊子
青麥の戰ぎ 田村 俊子
靜岡の友 田村 俊子
頭に残つたもの 田村 俊子
田村 俊子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想