震災後のことば

宮川匡司 編

戦後66年の光と影、3・11が投げかけたもの-戦争をくぐり抜けた思想家・文学者は語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 東京にいると、暗いんです(吉本隆明)
  • 見習うべきモデルはない(中村稔)
  • 無知で楽観するのは怖い(竹西寛子)
  • 戦後66年は砂上の楼閣(野坂昭如)
  • 負い目を忘れた日本人(山折哲雄)
  • 明治の精神にかえれ(桶谷秀昭)
  • 安泰が続くと言葉が崩れる(古井由吉)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 震災後のことば
著作者等 中村 稔
古井 由吉
吉本 隆明
宮川 匡司
山折 哲雄
桶谷 秀昭
竹西 寛子
野坂 昭如
書名ヨミ シンサイゴ ノ コトバ : ハチ イチゴ カラ ノ マナザシ
書名別名 8・15からのまなざし

Shinsaigo no kotoba
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2012.4
ページ数 230p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-532-16827-8
NCID BB09457946
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22095965
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想