ミッドウェー海戦  第2部 (運命の日)

森史朗 著

「本日敵出撃ノ算ナシ」-全艦に発信されたこの敵情報告に油断し、正規空母四隻の南雲艦隊は待ち構えていた米機動部隊に大敗北を喫した。絶望的戦況で米軍に一矢報いた空母飛龍の反撃など、生き残った戦闘員への綿密な取材を元に、参謀や指揮官の言動、パイロットや整備兵の奮闘まで、「太平洋戦争の天王山」全過程を克明に描く壮大な戦史ノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第8章 ミッドウェー島攻撃
  • 第9章 機動部隊上空の戦い
  • 第10章 山口多聞vs南雲忠一
  • 第11章 三空母被弾
  • 第12章 空母飛龍の反撃
  • 第13章 友永雷撃隊の最期
  • 第14章 刀折れ矢尽きて
  • 第15章 海戦の終幕
  • 終章 海戦の果てに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミッドウェー海戦
著作者等 森 史朗
書名ヨミ ミッドウェー カイセン
書名別名 Middoe kaisen
シリーズ名 新潮選書
巻冊次 第2部 (運命の日)
出版元 新潮社
刊行年月 2012.5
ページ数 436p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603707-8
NCID BB09404462
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22114278
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想