アップル、グーグル、マイクロソフトはなぜ、イスラエル企業を欲しがるのか? : イノベーションが次々に生まれる秘密

ダン・セノール, シャウル・シンゲル 著 ; 宮本喜一 訳

ひとり当たりベンチャー投資額が米国の2.5倍、ヨーロッパの30倍。人口1844人につき創業1社という旺盛な起業意欲はどこから湧いてくるのか?人口710万人、四国ほどの面積、乾燥地帯で資源に乏しい国がシリコンバレーさながらのハイテククラスターを持つまでになった要因は?歴史や政治の文脈で論じられることの多いイスラエルを「起業国家」としてとらえ、ユニークな産業とビジネスのありようを活写したNYタイムズベストセラー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 "なせばなる"の小さな国(粘り腰
  • 戦場の起業家)
  • 2 イノベーションの文化の種をまく("情報源"を自らつくる人たち
  • ビジネススクールより強い絆-予備役 ほか)
  • 3 奇跡の経済成長のはじまり(うまくいった産業政策
  • 移民-グーグルの人々の挑戦 ほか)
  • 4 "動機こそが武器"の国(ロケットの先端部から湯沸器まで
  • シャイフのジレンマ-アラブ世界の起業家精神 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アップル、グーグル、マイクロソフトはなぜ、イスラエル企業を欲しがるのか? : イノベーションが次々に生まれる秘密
著作者等 Senor, Dan
Singer, Saul
宮本 喜一
シンゲル シャウル
セノール ダン
書名ヨミ アップル グーグル マイクロソフト ワ ナゼ イスラエル キギョウ オ ホシガル ノカ : イノベーション ガ ツギツギ ニ ウマレル ヒミツ
書名別名 START-UP NATION

Appuru guguru maikurosofuto wa naze isuraeru kigyo o hoshigaru noka
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 2012.5
ページ数 343p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-478-01754-8
NCID BB09383384
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22111076
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想