フィンランド教育の批判的検討

柴田勝征 著

「学力世界一」とはどういうことなのだろうか?ジャーナリズムや専門家からの情報に頼ることなく、自分たちの手でデータを集め、自分の頭で考えていくと、常識が次々とくつがえる!教育に関心のある全世界の人々にとって必読の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 私の「情報化社会と倫理」の授業風景(新聞記事を教材にしてフィンランド式教育に挑戦してみる
  • おしゃべり学生に厳罰を加えた話 ほか)
  • 2章 見えてきたフィンランド教育の悲惨(フィンランド式教育には少人数、小教室が不可欠だ
  • フィンランド教育の危機が露呈、日本のマスコミも初めて報道 ほか)
  • 3章 OECDの教育政策とフィンランド(文化庁新長官はOECDに限界を感じた
  • 世界銀行が途上国に米国流政策を押しつける方針を転換? ほか)
  • 4章 フィンランド訪問記(2011年3月)(「フィンランドの数学教育研究者でPISAを良く言う人なんて1人もいませんよ」とナベリ女史は断言した。
  • フィンランドの207名の大学数学教員の声明/「PISA調査はフィンランドの子供たちの数学スキルの1部分だけしか表示していない」 ほか)
  • 特別寄稿 フィンランドにおける数学の学力に関する40年間の推移(1960年代から2000年代までの国際評価調査
  • カリキュラムの変化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フィンランド教育の批判的検討
著作者等 Näveri, Liisa
柴田 勝征
書名ヨミ フィンランド キョウイク ノ ヒハンテキ ケントウ : ガクリョク ノ コクサイ ヒカク ニ イギ アリ
書名別名 学力の国際比較に異議あり!
出版元 花伝社 : 共栄書房
刊行年月 2012.5
ページ数 290p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7634-0634-7
NCID BB09342966
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22109276
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想