インターネットに自由はあるか : 米国ICT政策からの警鐘

藤野克 著

ブロードバンドで世界の最先端を目指し、オープンなネットワークの効用を説く米国オバマ政権のICT戦略の政策決定過程を丹念に追い、施策内容を検証してその本質を探ることで、日本においても参考となる材料を見出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 オバマ政権のブロードバンドアジェンダ
  • 第2章 ブロードバンド財政支援の意義と限界
  • 第3章 野心的なブロードバンド国家戦略
  • 第4章 ワイヤレスブロードバンドの拡大に向けて
  • 第5章 すべてのアメリカ人にブロードバンドを!
  • 第6章 ネットワーク競争を巡る論争
  • 第7章 スマートフォン、ビデオ配信をオープンに!
  • 第8章 中国のグーグルとインターネットフリーダム
  • 第9章 東日本大震災のインパクト

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インターネットに自由はあるか : 米国ICT政策からの警鐘
著作者等 藤野 克
書名ヨミ インターネット ニ ジユウ ワ アルカ : ベイコク アイシーティー セイサク カラ ノ ケイショウ
出版元 中央経済社
刊行年月 2012.5
ページ数 370p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-502-69700-5
NCID BB09329990
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22105092
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想