東アジア地域形成の新たな政治力学 : リージョナリズムの空間論的分析

森川裕二 著

東アジア共同体を遠望することはできるのか。方法論的理論の探求、定量研究、事例研究をとおして地域形成と地域主義がどのような関係をもつのか、地域協力によって積み上げられてきたこの地域の国際関係論を探求する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 国際変動と地域空間
  • 第1部 方法と理論-時空アプローチの探求(アジア地域空間の方法論
  • 国際単位と空間論の射程
  • 東アジア地域形成の政治的位相)
  • 第2部 定量研究-地域形成と空間変動(東アジア地域形成とネットワーク分析
  • 東アジアの地域変動の力学)
  • 第3部 事例検証-知識・認識・意識の連鎖(東アジアIT協力と「通信主権」
  • 東アジア通貨協力と「通貨主権」
  • 東アジア食料安全保障協力と「食料主権」)
  • 分裂と階層の地域形成

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジア地域形成の新たな政治力学 : リージョナリズムの空間論的分析
著作者等 森川 裕二
書名ヨミ ヒガシアジア チイキ ケイセイ ノ アラタ ナ セイジ リキガク : リージョナリズム ノ クウカンロンテキ ブンセキ
書名別名 Higashiajia chiki keisei no arata na seiji rikigaku
出版元 国際書院
刊行年月 2012.5
ページ数 447p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87791-227-7
NCID BB09316387
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22110786
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想