立ちすくむ歴史 : E・H・カー『歴史とは何か』から50年

喜安朗, 成田龍一, 岩崎稔 著

E.H.カーの名著『歴史とは何か』が、日本で刊行されてから50年。いまなお読み継がれているこの名著を手掛かりに、半世紀に及ぶこの間の歴史学の変貌と現在の歴史をめぐる諸問題について三人の研究者が徹底討論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 歴史家にとって「事実」とは何か(E.H.#カー『歴史とは何か』刊行から50年
  • 「事実とは何か」という問題をめぐって ほか)
  • 第2部 方法としての社会史(戦後歴史学とは何だったのか
  • 転機としての朝鮮戦争 ほか)
  • 第3部 日本の近現代史はどのように描かれてきたか(通史をめぐって
  • 五五年体制下での歴史叙述 ほか)
  • 第4部 ナショナル・ヒストリーを超えて(喩法論の観点から
  • 歴史意識の危機 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 立ちすくむ歴史 : E・H・カー『歴史とは何か』から50年
著作者等 喜安 朗
岩崎 稔
成田 竜一
書名ヨミ タチスクム レキシ : イー エイチ カー レキシ トワ ナニカ カラ ゴジュウネン
出版元 せりか書房
刊行年月 2012.5
ページ数 286p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7967-0312-3
NCID BB09300219
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22111011
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想