ミッドウェー海戦  第1部 (知略と驕慢)

森史朗 著

真珠湾から連戦連勝の日本海軍。山本五十六のハワイ攻略構想に繋がる次期作戦が連合艦隊主導で決まった。だが、米機動部隊を誘い出し撃滅するはずの作戦が、東京初空襲により変質し、太平洋上の小島占領も新たな目標に加えられることになる。一方、アメリカ側は日本海軍の「D暗号」を丹念に解読し、次の目標AFがミッドウェー島であることを突き止めた…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 その日の山本五十六
  • 第1章 運命の出撃
  • 第2章 誇り高き艦長
  • 第3章 盗まれた海軍暗号
  • 第4章 支上最強の機動部隊
  • 第5章 ミッドウェー島防衛計画
  • 第6章 戦機熟す
  • 第7章 しのびよる危機

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミッドウェー海戦
著作者等 森 史朗
書名ヨミ ミッドウェー カイセン
書名別名 Middoe kaisen
シリーズ名 新潮選書
巻冊次 第1部 (知略と驕慢)
出版元 新潮社
刊行年月 2012.5
ページ数 399p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603706-1
NCID BB09254483
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22114274
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想