古典から読み解く経済思想史

経済学史学会, 井上琢智, 栗田啓子, 田村信一, 堂目卓生, 新村聡, 若田部昌澄 編

本書は、経済思想家の理論へのアプローチだけではなく、現在社会のトピックを、思想家の理論から読み解いていく。そのなかで現代への処方箋を探り、読者に現代社会を「診る」眼を養ってもらうことを意図している。経済学史学会創立60周年記念出版の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古典から読み解く経済思自史
  • 第1部 市場・政府・中間組織(社会、市場、および政府-アダム・スミスの総合知
  • グローバル化と貨幣-ジョン・ロックからベン・バーナンキへ
  • 市場の倫理-カーネギー、クラーク、ナイトの論じ方
  • 19世紀末フランスにおける「アソシアシオン」の展開-シェイソン、ゴダン、ジッドを中心として)
  • 第2部 資本主義・エコロジー・環境(資本主義とエコロジー-ゾンバルトの近代資本主義論
  • 戦間期ケンブリッジの経済学と資本主義観-ケインズ、ロバートソン、ホートレー、ピグー
  • イギリス経済思想史における穀物-ステュアートからオールまで
  • 慶在学は環境をどう捉えてきたか-ピグー、制度派、エントロピー)
  • 第3部 生活・福祉・教育(労働と賃金-アダム・スミスの分業論と高賃金論
  • 究極の安全を求めて-ベヴァリッジにおける理想社会
  • 少子化とワーク・ライフ・バランス-ミュルダールの人口論
  • 「学問のすすめ」の社会・経済思想-スミス、ミル、福沢)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古典から読み解く経済思想史
著作者等 井上 琢智
堂目 卓生
新村 聡
栗田 啓子
田村 信一
経済学史学会
若田部 昌澄
書名ヨミ コテン カラ ヨミトク ケイザイ シソウシ
書名別名 Koten kara yomitoku keizai shisoshi
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2012.5
ページ数 301p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-623-06317-8
NCID BB09236200
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22106737
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想