北村美術館四季の茶道具 : 茶友への誘い

木下收 著

京都・鴨川畔にある北村美術館は、茶の湯に親しむ人々が一度は訪れたい場所。創立者北村謹次郎が蒐集した名品茶道具の数々はもとより、折々の茶趣、風雅をたっぷりの写真とエッセイで紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 四季の茶道具(睦月-寿ぎの茶器
  • 如月-寒中の茶
  • 弥生-春を待つころ ほか)
  • 北村美術館の道具組(炉開きのころ-濃茶 於珍散蓮
  • 水無月のころ-薄茶 於看大)
  • 茶道具随想(墨蹟鑑定に長けた江月禅師
  • 金森宗和が指導した仁清茶碗
  • 組むまでが楽しみの茶篭 ほか)
  • 四君子苑の石
  • 北村美術館と私

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 北村美術館四季の茶道具 : 茶友への誘い
著作者等 木下 收
書名ヨミ キタムラ ビジュツカン シキ ノ チャドウグ : チャユウ エノ イザナイ
書名別名 Kitamura bijutsukan shiki no chadogu
出版元 淡交社
刊行年月 2012.4
ページ数 150p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-473-03812-8
NCID BB09221735
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22079537
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想