コロポックルとはだれか : 中世の千島列島とアイヌ伝説

瀬川拓郎 著

ただのおとぎ話と思われがちな、フキの下に住む小人「コロポックル」の伝説。しかし、日本の中世説話やアイヌのカムイ・ユーカラなど様々な史料をもとにコロポックルの原像をたどっていくと、そのモデルともいうべき北千島アイヌの成り立ちと、かれらの変わった習俗が浮かび上がってくる。小人伝説の謎解きをしながら、知られざるアイヌの歴史、また中世千島の実像にも光をあてる、新しいコロポックル論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 アイヌの小人伝説を読む
  • 2 伝説の変容を考える(小人名称の変化
  • イレズミ伝承の成立
  • ユーカラとの融合)
  • 3 伝説の起源を考える(古相の伝説の特徴
  • 小人島とオオワシ
  • 土鍋と竪穴住居
  • 欠落するアイヌとのコミュニケーション
  • 小人伝説を知らないアイヌ)
  • 4 アイヌの千島進出(近世前の千島列島
  • 「中世的千島」と「近世的千島」)
  • 5 小人とはだれか(北千島アイヌの交易と交流
  • 小人伝説の成立とその後)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コロポックルとはだれか : 中世の千島列島とアイヌ伝説
著作者等 瀬川 拓郎
書名ヨミ コロポックル トワ ダレカ : チュウセイ ノ チシマ レットウ ト アイヌ デンセツ
シリーズ名 新典社新書 58
出版元 新典社
刊行年月 2012.5
ページ数 127p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7879-6158-7
NCID BB09210648
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22105144
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想