論語入門

井波律子 著

大古典『論語』から精選した百四十六条を味読する。その無類の面白さの中核は、孔子という人物にある。約二千五百年のはるかな時を超えて立ち上がる、臨場感あふれる弟子たちとの対話のなかに、不遇にあって大らかさを失わず、ときに笑い、怒り、慟哭しながら、明朗闊達な精神をもって生きぬいた孔子の、稀有の魅力を読みとく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 孔子の人となり(みずから語る生の軌跡
  • 実践としての学び
  • 生活のなかの美学)
  • 第2章 考えかたの原点(核となるキーワード
  • 政治理念と理想の人間像)
  • 第3章 弟子たちとの交わり(教育者としての孔子
  • 大いなる弟子たち
  • 弟子、孔子を語る
  • 受け継がれゆく思想)
  • 第4章 孔子の素顔(ユーモア感覚
  • 不屈の精神
  • 激する孔子
  • 嘆く孔子
  • 辛辣な孔子
  • 楽しむ孔子)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 論語入門
著作者等 井波 律子
書名ヨミ ロンゴ ニュウモン
書名別名 Rongo nyumon
シリーズ名 論語 1366
岩波新書 新赤版 1366
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.5
ページ数 227,7p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431366-3
NCID BB09187670
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22119825
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想