魏志倭人伝の謎を解く : 三国志から見る邪馬台国

渡邉義浩 著

考古学調査と並び、邪馬台国論争の鍵を握るのが、「魏志倭人伝」(『三国志』東夷伝倭人の条)である。だが、『三国志』の世界観を理解せずに読み進めても、実像は遠のくばかりだ。なぜ倭人は入れ墨をしているのか、なぜ邪馬台国は中国の東南海上に描かれたのか、畿内と九州どちらにあったのか。『三国志』研究の第一人者が当時の国際情勢を踏まえて検証し、真の邪馬台国像に迫る。「魏志倭人伝」の全文と詳細な訳注を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 倭人伝と邪馬台国論争
  • 第2章 倭人伝の執筆意図
  • 第3章 倭国を取り巻く国際関係
  • 第4章 理念の邪馬台国
  • 第5章 邪馬台国の真実
  • 附章 魏志倭人伝訳注

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魏志倭人伝の謎を解く : 三国志から見る邪馬台国
著作者等 渡辺 義浩
渡邉 義浩
書名ヨミ ギシ ワジンデン ノ ナゾ オ トク : サンゴクシ カラ ミル ヤマタイコク
シリーズ名 三国志 2164
魏志倭人伝 2164
中公新書 2164
出版元 中央公論新社
刊行年月 2012.5
ページ数 210p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102164-9
NCID BB09184151
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22132129
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想