さまよえる自己 : ポストモダンの精神病理

内海健 著

今、「自己」は大きな岐路に立たされている。「自己」が最も輝いていた近代(モダン)は終焉し、危険を孕みつつ必要とされた青年期もその役割を終えた。「自己」はこの先、どこへ向かうのだろうか。心や意識の起源に遡り、言語や神話の意味を読み解きながら、メランコリー、スキゾフレニアなど臨床での知見を踏まえ、深い思考を紡いで到達したポストモダンの精神病理学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 〇・五秒の闇-いかにして意識は立ち上がるのか
  • 第2章 世界が割れ、自己が生まれる-まなざしの到来
  • 第3章 言語のみる夢-他者の呼びかけ
  • 第4章 ピュシスとノモス-はじめに何が廃棄されたのか?
  • 第5章 モダンとは何か-個の系譜学
  • 第6章 メランコリー-死せる母
  • 第7章 スキゾフレニア-最後に起源が目覚める時
  • 第8章 さまよえる自己

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 さまよえる自己 : ポストモダンの精神病理
著作者等 内海 健
書名ヨミ サマヨエル ジコ : ポスト モダン ノ セイシン ビョウリ
シリーズ名 筑摩選書 0044
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.5
ページ数 286p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-480-01544-0
NCID BB09183818
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136857
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想