大気環境工学 = Atmospheric Environmental Engineering

川上智規 著

[目次]

  • 1章 地球の大気(地球大気の成り立ち
  • 大気の構造
  • 大気大循環
  • 地球大気の熱収支と地球温暖化)
  • 2章 公害概論(公害の歴史と法規制
  • 環境基準
  • 大気汚染物質の発生と大気中濃度
  • 大気汚染防止法による規制
  • 大気汚染による影響
  • 地球規模の大気環境問題)
  • 3章 燃料の使用と大気汚染(燃料
  • 気体燃料
  • 液体燃料
  • 固体燃料
  • 発熱量
  • 燃焼計算)
  • 4章 ばい煙防止技術(硫黄酸化物の低減・除去技術
  • 窒素酸化物の低減・除去技術
  • 有害物質の除去技術)
  • 5章 集じん技術(ダストの粒径分布
  • 集じん装置の性能評価
  • 集じん装置の種類)
  • 6章 大気汚染物質の拡散(拡散の基本概念
  • 拡散計算
  • 大気汚染物質の長距離輸送)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大気環境工学 = Atmospheric Environmental Engineering
著作者等 川上 智規
書名ヨミ タイキ カンキョウ コウガク
書名別名 Atmospheric Environmental Engineering
シリーズ名 土木・環境系コアテキストシリーズ F-2
出版元 コロナ社
刊行年月 2012.5
ページ数 175p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-339-05645-7
NCID BB09171932
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22100940
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想