シマに生きる

泉武 著

まだ仏教思想の影響を受けていない頃の日本列島の死後世界観を問うために、沖縄の島々を訪れて民俗資料を精緻に分析し、島で暮らす中で醸成された死生観の本質を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 研究の方向と沖縄民俗モノグラフィー
  • 第1章 中城湾をめぐる島(1)-津堅島の民俗から
  • 第2章 中城湾をめぐる島(2)-久高島の民俗から
  • 第3章 池間島の民俗から
  • 第4章 多良間島の民俗から
  • 第5章 竹富島の民俗から
  • 第6章 シマに生きること-シマを貫く普遍性と原理性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シマに生きる
著作者等 泉 武
書名ヨミ シマ ニ イキル : オキナワ ノ ミンゾク シャカイ ト セカイカン
書名別名 沖縄の民俗社会と世界観
出版元 同成社
刊行年月 2012.5
ページ数 366p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88621-594-9
NCID BB0916631X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22111850
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想