「強さ」とは何か。 : 少林寺拳法創始者・宗道臣70の言葉

宗道臣 述 ; 宗由貴 監修 ; 鈴木義孝 構成

少林寺拳法は、単なる格闘技ではない。十六歳にして天涯孤独となった少年が、いかにして「人づくり」を旨とする教育者として頂点を極めたのか-。生誕百年を記念し、遺された名言の数々から厳選した珠玉の70本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「力」と「愛」(「力なき正義」と「正義なき力」
  • 自己確立ができて初めて自他共楽に至る
  • 宗道臣のいう力とは
  • 宗道臣のいう愛とは)
  • 第2章 「苦境」と「誇り」(正義感の萌芽
  • 感性を磨く
  • 苦境にあって人を支えるもの
  • まず自分が動く)
  • 第3章 「独り」と「仲間」(日本人の連帯感
  • 信頼しあえる人間関係の尊さ
  • タテとヨコの人間関係
  • 組織、チームの中での指導力を発揮できるリーダーとは)
  • 第4章 「思い」と「行動」(あきらめない
  • 「やらん先に匙を投げるなよ」
  • 物事を達成するための方法論)
  • 第5章 「生」と「死」(生かされながら生きている
  • 「己しかない人間はダメ、己のない人間はダメ」
  • 「殺されるか尽きるまで待て。自分で死ぬなよ」天=ダーマの存在)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「強さ」とは何か。 : 少林寺拳法創始者・宗道臣70の言葉
著作者等 宗 由貴
宗 道臣
鈴木 義孝
書名ヨミ ツヨサ トワ ナニカ : ショウリンジ ケンポウ ソウシシャ ソウ ドウシン ナナジュウ ノ コトバ
シリーズ名 文春新書 860
出版元 文藝春秋
刊行年月 2012.5
ページ数 186p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660860-7
NCID BB09163796
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22106099
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想