地球温暖化はどれくらい「怖い」か? : 温暖化リスクの全体像を探る

江守正多, 気候シナリオ「実感」プロジェクト影響未来像班 編著

時にセンセーショナルな語られ方をしてしまう「地球温暖化」という問題。そもそも地球温暖化とはどれくらい「怖い」ことなのか?地球温暖化によって世界、そして自分自身にどういう影響があるのか。第一線の研究者たちが、気候、陸や海の生物、水資源、農業、沿岸域、人間の健康問題、その他の各視点から、良い影響も悪い影響もまんべんなく情報提供した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 なぜ地球温暖化の影響の「全体像」を知るべきか
  • 第1章 気候への影響
  • 第2章 陸上の生物への影響
  • 第3章 海の生物への影響
  • 第4章 水への影響
  • 第5章 農業への影響
  • 第6章 沿岸域への影響
  • 第7章 健康への影響
  • 第8章 その他の影響
  • 終章 温暖化影響の全体像をどう見るか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地球温暖化はどれくらい「怖い」か? : 温暖化リスクの全体像を探る
著作者等 伊藤 昭彦
山中 康裕
本田 靖
江守 正多
沖 大幹
環境省
藤井 賢彦
長谷川 利拡
阿部 彩子
山本 彬友
横木 裕宗
高橋 潔
気候シナリオ「実感」プロジェクト影響未来像班
書名ヨミ チキュウ オンダンカ ワ ドレクライ コワイカ : オンダンカ リスク ノ ゼンタイゾウ オ サグル
出版元 技術評論社
刊行年月 2012.5
ページ数 311p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7741-5035-2
NCID BB0916054X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22091302
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想