フランス革命はなぜおこったか : 革命史再考

柴田三千雄 著 ; 福井憲彦, 近藤和彦 編

グローバルな世界史的文脈と新たな政治文化の生成から読み解く、フランス革命史研究の第一人者による最後の著作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 われわれ日本人にとって、フランス革命とは何か
  • 第1章 フランス革命の世界史的位相(ヨーロッパ地域世界の国際情勢
  • 再構造化する地域世界とフランスの窮状)
  • 第2章 苦悩する王政(国家構造の行詰り
  • 変貌する社会と政治
  • 民衆の問題-農民と都市民衆
  • 政治文化の転換と「公論」の出現)
  • 第3章 ルイ一六世下の改革(王と王妃
  • 改革の始動-モプーの司法改革
  • テュルゴからカロンヌへ)
  • 第4章 革命への序曲(王政の苦悶-政治的統合力の崩壊
  • 代表権問題の新局面
  • 変革三体の形成
  • 全国三部会の選挙
  • 民衆騒擾)
  • 結びにかえて 革命のはじまり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランス革命はなぜおこったか : 革命史再考
著作者等 柴田 三千雄
福井 憲彦
近藤 和彦
書名ヨミ フランス カクメイ ワ ナゼ オコッタカ : カクメイシ サイコウ
書名別名 Furansu kakumei wa naze okottaka
出版元 山川出版社
刊行年月 2012.4
ページ数 233,14p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-634-64055-9
NCID BB09159121
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22098464
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想