境界と自由 : カント理性法論における主権の成立と政治的なるもの

木原淳 著

[目次]

  • 序章
  • 第1章 「実体」としての土地-労働所有説批判と可想的占有論
  • 第2章 法秩序形成としての根源的取得
  • 第3章 抵抗と自由-主権と合法的正義の優越
  • 第4章 代表性と同一性-誰が主権者か?
  • 第5章 パトリオティズムと世界国家批判
  • 第6章 理性法秩序とその境界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 境界と自由 : カント理性法論における主権の成立と政治的なるもの
著作者等 木原 淳
書名ヨミ キョウカイ ト ジユウ : カント リセイ ホウロン ニ オケル シュケン ノ セイリツ ト セイジテキナル モノ
書名別名 Kyokai to jiyu
シリーズ名 新基礎法学叢書 3
出版元 成文堂
刊行年月 2012.3
ページ数 226p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7923-0529-1
NCID BB0914388X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22092489
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想