災害とロボット = Disaster and Robot : 大震災から見えてきたロボットのあり方

井上猛雄 著

[目次]

  • 1章 東日本大震災後、ロボット投入までの軌跡(2011年3月11日〜2012年2月)
  • 2章 原発に投入されたロボット(原子炉建屋内の調査
  • 屋外の調査、線量マップ作成 ほか)
  • 3章 復旧・復興に向けたロボット(がれきの撤去
  • 地上探査 ほか)
  • 4章 今後の活躍が期待されるロボット(被災地特別授業、ホンダ「ASIMO」
  • (独)産業技術総合研究所「パロ」 ほか)
  • 5章 これからの災害対応ロボットのあり方(災害対応ロボットとは?その定義や要件を再考する
  • 運用と一体になった、持続可能な防災体制の確立を! ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 災害とロボット = Disaster and Robot : 大震災から見えてきたロボットのあり方
著作者等 井上 猛雄
書名ヨミ サイガイ ト ロボット : ダイシンサイ カラ ミエテキタ ロボット ノ アリカタ
書名別名 Disaster and Robot
出版元 オーム社
刊行年月 2012.4
ページ数 206p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-274-21192-8
NCID BB09142424
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22095823
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想