つながりすぎた世界 : インターネットが広げる「思考感染」にどう立ち向かうか

ウィリアム・H・ダビドウ 著 ; 酒井泰介 訳

「情報のドミノ倒し」が社会を襲う。バブル、経済破綻、個人情報流出、政治動乱…。小さなきっかけが一国を揺るがす大問題へと発展しかねない「史上もっともつながり合う世界」を私たちはどう生き抜くべきか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 蒸気機関に学ぶインターネットについての教訓
  • 過剰結合と正のフィードバック
  • 過剰結合-私たちを育み、くじくもの
  • 増えつづける事故と思考感染
  • インターネットが生んだ"内なる幽霊"
  • インターネットの死角
  • アイスランドの金融危機(1)漁業から金融へ
  • アイスランドの金融危機(2)ネット銀行
  • 正のフィードバックと金融バブル
  • サブプライム問題-インターネットが生んだ悲劇〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 つながりすぎた世界 : インターネットが広げる「思考感染」にどう立ち向かうか
著作者等 Davidow, William H
酒井 泰介
ダビドウ ウィリアム・H.
書名ヨミ ツナガリスギタ セカイ : インターネット ガ ヒロゲル シコウ カンセン ニ ドウ タチムカウカ
書名別名 OVERCONNECTED

Tsunagarisugita sekai
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 2012.4
ページ数 270p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-478-01521-6
NCID BB09134823
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22096061
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想