商店街はなぜ滅びるのか : 社会・政治・経済史から探る再生の道

新雅史 著

極めて近代的な存在である商店街は、どういう理由で発明され、そして、繁栄し、衰退したのか?よく言われるように、郊外型ショッピングモールの乱立だけが、商店街衰退の原因なのか?さらに、地域コミュニティの要となる商店街の再生には、どういう政策が必要なのか?膨大な資料をもとに解き明かす、気鋭の社会学者による画期的な論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 商店街の可能性
  • 第1章 「両翼の安定」と商店街
  • 第2章 商店街の胎動期(一九二〇〜一九四五)-「商店街」という理念の成立
  • 第3章 商店街の安定期(一九四六〜一九七三)-「両翼の安定」の成立
  • 第4章 商店街の崩壊期(一九七四〜)-「両翼の安定」の奈落
  • 第5章 「両翼の安定」を超えて-商店街の何を引き継げばよいか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 商店街はなぜ滅びるのか : 社会・政治・経済史から探る再生の道
著作者等 新 雅史
書名ヨミ ショウテンガイ ワ ナゼ ホロビル ノカ : シャカイ セイジ ケイザイシ カラ サグル サイセイ ノ ミチ
書名別名 Shotengai wa naze horobiru noka
シリーズ名 光文社新書 582
出版元 光文社
刊行年月 2012.5
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03685-0
NCID BB09133809
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22105505
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想