自衛する老後 : 介護崩壊を防げるか

河内孝 著

精神論やお上頼みでは、もう乗り切れない。「される側」「する側」の双方にとって理想とはほど遠い介護の現実、特養入所待機者42万人の長い列、ガダルカナル戦にも喩えられる財政運営…二〇〇〇年にスタートした介護保険は超高齢化社会を迎え、医療、年金に続く「第三の崩壊」の危機にある。先進的リハビリと介護、認知症と看取りへの取り組みまで、介護と医療の現場から見えてくる、人生最終章を守るための選択肢とは-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 「答え」は現場に埋まっている
  • 第1章 日本の介護体質をぶち壊す-竹内イズムの挑戦
  • 第2章 介護保険はどこへ行く-「在宅シフト」の矛盾
  • 第3章 地域介護の旗手たち-故郷を守る砦として
  • 第4章 外国人労働力に背を向ける国-看護師、介護士への狭き門
  • 第5章 たどりついた理想郷、山本医師の福祉村
  • 第6章 ここまで来た認知症治療-医学と介護の最前線
  • 第7章 自衛のための基礎知識-終の場を求めて
  • 第8章 やがて来る日のために-看取りの現場で考える
  • 後序 難解な制度の裏にひそむもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自衛する老後 : 介護崩壊を防げるか
著作者等 河内 孝
書名ヨミ ジエイ スル ロウゴ : カイゴ ホウカイ オ フセゲルカ
シリーズ名 新潮新書 470
出版元 新潮社
刊行年月 2012.5
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610470-1
NCID BB09119433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22104673
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想