55歳からのフルマラソン

江上剛 著

日本振興銀行の経営破綻による混乱のさなか、代表執行役社長となった作家は、ふとしたきっかけで走り始める。五十代半ばを過ぎ、肉体は典型的メタボ、ストレス続きで精神的にもどん底だったが、走ることであらゆることが変わって行った。仲間との早朝練習、散々だった初マラソンから念願のサブフォー達成、そしてさらなる自分への挑戦-震災を挟んで二年、マラソンによる予想外の変化をつづるランニング・エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 42.195キロ?そんなの無理ですよ
  • そう深刻ぶるな、お前だけが悩んでいるんじゃない
  • もう二度と走りたくない…初めてのフルマラソン
  • メタボと睡眠時無呼吸症を克服するまで
  • 有酸素運動、脂肪燃焼、そしてLSD
  • 二〇〇七年、東京マラソンが全てを変えた
  • 原発事故と短篇小説「マラソン先生」
  • 人生にはベタな励ましも必要だ
  • 私大出「グリコ」と東大出「エリート」の違い
  • 目標だったサブフォー達成-二つのレースから
  • 走ることには禅的効果がある
  • 日本人のマラソン好きとホノルルマラソン
  • 走らせていただく側と、走っていただく側へ
  • ランニングブームが示す景気回復のヒント
  • いったい、何を目指して走るのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 55歳からのフルマラソン
著作者等 江上 剛
書名ヨミ ゴジュウゴサイ カラ ノ フル マラソン
シリーズ名 新潮新書 468
出版元 新潮社
刊行年月 2012.5
ページ数 184p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610468-8
NCID BB09117507
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22104672
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想