ケアのリアリティ : 境界を問いなおす

三井さよ, 鈴木智之 編著

[目次]

  • 第1章 "場"の力-ケア行為という発想を超えて
  • 第2章 名付けられぬものとしての「介助」-障害の親をもつ子どものリアリティ
  • 第3章 アイデンティティを保ち作るケア-若年認知症の人の新しい社会関係と自己への移行をめぐって
  • 第4章 受ける側からみる「介護」-ホームヘルプサービスを利用する高齢者の語りから
  • 第5章 遠距離介護と同居問題-「なぜ?」はどのように語られるのか
  • 第6章 悲しむ主体としての看護師-遺族ケアの手前で考えるべきこと
  • 第7章 未決の問いとしてのがん告知-その後を生きる患者の語りから
  • 第8章 死にゆこうとする身体のために-応答としてのケアとその臨界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ケアのリアリティ : 境界を問いなおす
著作者等 三井 さよ
鈴木 智之
書名ヨミ ケア ノ リアリティ : キョウカイ オ トイナオス
シリーズ名 現代社会研究叢書 6
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2012.5
ページ数 270p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-60256-6
NCID BB09115126
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22106434
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想