エスニシティを問いなおす = Reclaiming Ethnicity : 理論と変容

マイグレーション研究会 編著

[目次]

  • 序文 日本社会とエスニシティ
  • 第1部 エスニシティ概念の現代的位相(エスニシティは変容する-アメリカ合衆国におけるエスニシティ論の射程
  • 「ナショナリズムとエスニシティ」再考-ヨーロッパの「エスニック化」の文脈から
  • トランスナショナリズムとコロニアリズム-現代エスニシティ論を起点にして
  • 「アバター活動家」と「新ボアーズ学派」-グローカルな文化の違いに敏感であることの価値とは?)
  • 第2部 エスニシティ変容の諸相(エスニシティ変容のメカニズム-日系アメリカ人による文学・映像作品を題材に
  • 日系アメリカ人組織の変遷と「相互扶助」の意味を問う-1885〜1942年を中心に
  • 日系中南米人(JLA)補償に問われる「正義」-ミチ・ウェグリンの活動に端を発して
  • ブラジル韓人コミュニティの発生とその変容-三期の移民の融合と葛藤を中心に
  • ビクトリアの球戯とバンクーバーの達磨落とし-20世紀初頭のカナダにおける日本庭園の模索)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エスニシティを問いなおす = Reclaiming Ethnicity : 理論と変容
著作者等 マイグレーション研究会
書名ヨミ エスニシティ オ トイナオス : リロン ト ヘンヨウ
書名別名 Reclaiming Ethnicity
出版元 関西学院大学出版会
刊行年月 2012.4
ページ数 267p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-86283-109-5
NCID BB09097090
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22095826
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想