物理学、まだこんなに謎がある = THERE ARE MANY THINGS WHICH ARE NOT UNDERSTOOD BY SCIENCE

小谷太郎 著

科学で解くことができる問題、原理的に解けない問題、もう少しで解けそうな問題、ヒトの手に負えない問題…わからない。わかっていない。だからこそ科学はおもしろい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 地球外生命探査(火星年代記-古来、人類は宇宙に自分に似た存在を探し求めてきた
  • 地球外知性と文明の寿命-ドレイクの式とゴット推定)
  • 第2章 力学(三体問題-たった三つの天体なのに…
  • 天気予報は不可能-蝶の羽ばたきが竜巻を起こす?)
  • 第3章 相対性理論(光速の限界-去年、アンドロメダで
  • 宇宙の果て-観測の限界 ほか)
  • 第4章 量子力学(位置か運動量か、それが問題だ-不確定性原理
  • 神はサイコロを振らず-アインシュタインが拒否した確率解釈 ほか)
  • 第5章 天文学・宇宙物理学(ダーク・マターとダーク・エネルギー-宇宙物理の闇
  • 量子重力の夢)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物理学、まだこんなに謎がある = THERE ARE MANY THINGS WHICH ARE NOT UNDERSTOOD BY SCIENCE
著作者等 小谷 太郎
書名ヨミ ブツリガク マダ コンナ ニ ナゾ ガ アル
書名別名 THERE ARE MANY THINGS WHICH ARE NOT UNDERSTOOD BY SCIENCE
シリーズ名 BERET SCIENCE
出版元 ベレ
刊行年月 2012.4
ページ数 205p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86064-316-4
NCID BB09092610
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22088241
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想