権力の病理 : 誰が行使し誰が苦しむのか : 医療・人権・貧困

ポール・ファーマー 著 ; 豊田英子 訳

ハイチの窮乏、メキシコの貧農の大虐殺、ロシアの監獄の結核。生きる権利と正義はなぜ蹂躙されるのか。人類学の分析的アプローチと医療現場発の実践的解決。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 証人となる(苦しみと構造的暴力について-グローバル化時代の社会的・経済的権利
  • 疫病と拘束-グアンタナモ、エイズ、そして隔離の論理
  • チアパスの教訓
  • 我々すべてに伝染病が?-ロシアの刑務所における結核の再流行)
  • 第2部 人権をめぐる一医師の視点(健康・治療・社会正義-解放の神学による洞察
  • 預言に耳を傾ける-市場本位の医学に対する批判
  • 残酷で異常な-懲罰としての薬剤耐性結核
  • 新たな不安-グローバル化時代の医療倫理と社会的権利
  • 健康と人権の再考-パラダイム転換のとき)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 権力の病理 : 誰が行使し誰が苦しむのか : 医療・人権・貧困
著作者等 Farmer, Paul
山本 太郎
豊田 英子
ファーマー ポール
書名ヨミ ケンリョク ノ ビョウリ : ダレ ガ コウシ シ ダレ ガ クルシム ノカ : イリョウ ジンケン ヒンコン
書名別名 PATHOLOGIES OF POWER

Kenryoku no byori
出版元 みすず書房
刊行年月 2012.4
ページ数 471,35p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07681-0
NCID BB09087530
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22097437
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想