定本見田宗介著作集  8 (社会学の主題と方法)

見田宗介 著

日本を代表する社会学者の仕事の全貌を示す、初にして待望の決定版著作集。「見田社会学」と称される独自の世界を創造した著者が、自身の全仕事を振り返り、重要な作品だけを精選してその精髄を体系的に示す。テクストに改訂を加え、各巻に「定本解題」を収録する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 越境する知-社会学の主題と方法序説
  • 「社会」のコンセプトと基本のタイプ
  • 自我・主体・アイデンティティ-"私"であることの社会学
  • 時間と空間の社会学
  • 価値意識の理論骨格
  • 社会意識研究の諸データ
  • 数量的データと「質的」なデータ
  • 「質的」なデータ分析の方法論的な諸問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 定本見田宗介著作集
著作者等 見田 宗介
書名ヨミ テイホン ミタ ムネスケ チョサクシュウ
書名別名 Teihon mita munesuke chosakushu
巻冊次 8 (社会学の主題と方法)
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.5
ページ数 187p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-028488-2
NCID BB09077060
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22120839
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想